代表ごあいさつ

職員紹介

代表ブログ

赤池税理士ブログ

職員ブログ

並河税理士ブログ

事務所ブログ

村山ブログ

よくある質問

使える書式様式

行政書士法人みらい

無料資料請求・お問い合わせフォーム

メールマガジンのお申し込み

税務特集記事

  • 1 法人関係  ○生産性向上設備投資促進税制 <平成26年1月26日~平成28年3月末>  ・機械装置 一台または一基 160万円以上  ・工具、器具備品 それぞれ一台または一基 120万

  •  相続税の課税が強化されます。来年度の税制改正で議論され、早ければ2015年にも実施される可能性があります。内容は新聞や雑誌などで既に掲載されていますが、あらためて相続税の改正点とその対策

  • 1「書面添付制度」とはなにか? 納税者の中には書面添付制度を御存じない方もおられると思われます。 この制度は税理士法に規定され、申告書について税理士が「主要な項目についてどのような資料に基づき検討・

  •         平成23年度税制改正大綱の要点 ★法人税関係    ○雇用促進税制    平成23年4月1日~26年3月31日までに開始する各事業年度期末の従業員が前期末    より10%増かつ5人以

  • 【個人】 ●住宅取得時の贈与税非課税枠が1500万円に拡大 (父母又は祖父母から20歳以上の子へ贈与、翌年3/15までに申告要件) ●扶養控除、生命保険料控除の改正等 【法人】 ●グループ法人税制の整

  • 今年の路線価が発表されました  国税庁は7月1日、平成21年分の路線価(1月1日現在)を発表しました。  全標準宅地(約37万地点)の平均は1㎡当たり(以下同じ)13万7,000円となり、前年を5.5

  • 1 住宅の新規取得・増改築  住宅借入金等特別控除(要件・必要添付書類に留意)  平成20年に入居した場合、控除期間は原則10年であり、対象となる住宅借入金等の残高の限度額は2000万円、控除率は1~

  • 知っておいて損はない贈与税5  その5 配偶者控除 1 配偶者に贈与すると得になる制度って?  贈与税の配偶者控除というものがあります。  長年連れ添った配偶者に対して、自分が死んだあとの生活の基盤を

  • 1 相続時精算課税制度を利用する前にちょっと考えてみよう  相続時精算課税制度は、特定贈与者に相続が発生した時に今までの贈与財産をすべて合算して相続税の計算を行うという制度であることはお分かりのことと

  • 1 相続時精算課税は普通の贈与税と違うの   贈与税の基礎控除は基本的に1年間に110万円です。相続時点での課税を逃れることを抑止しようということで、高率の税を賦課しています。  平成15年にそれまで

  •  これからこの一面を使わせていただいて贈与税のあれこれをお話ししていきます。 贈与税という言葉になじみはあっても、何となくよくわからなくて近寄りがたい感じがあるのではないでしょうか。「お金持ちだけが払

  • 昨年と比べて変わった点 1.定率減税の廃止 平成19年分以後の所得税については適用がありません。 2.所得税の税率改正 国税(所得税)から地方税(住民税)への税金の移し替え(いわゆる税源移譲)が行われ

  • ■ 本格的な税制改正論議がはじまります。  早いもので季節はもう秋。秋といえば翌年度税制改正の議論が本格化する季節でもあります。既に、主要省庁や経済団体等ではさまざまな税制改正要望を公開しており

  • ■国税庁が消費税滞納対策に臨時職員増員!! 国税庁が消費税の滞納者に電話催促する臨時職員を約100人増員するなど、消費税の滞納対策を強化しているようです。  平成15年度税制改正により、課税売上100

Copyright c 2012― 税理士法人みらい. All Rights Reserved.