代表ごあいさつ

職員紹介

代表ブログ

赤池税理士ブログ

職員ブログ

並河税理士ブログ

事務所ブログ

村山ブログ

よくある質問

使える書式様式

行政書士法人みらい

無料資料請求・お問い合わせフォーム

メールマガジンのお申し込み

書面添付制度に対する取組み


1「書面添付制度」とはなにか?

納税者の中には書面添付制度を御存じない方もおられると思われます。
この制度は税理士法に規定され、申告書について税理士が「主要な項目についてどのような資料に基づき検討・判断したかや、顧問先から受けた相談事項等について」記載した内容を書面で任意に添付するものです。

そして、税務当局は税務調査の事前通知が顧問先に行われる前に、添付された書面について税理士に対し、意見聴取を行います。

意見聴取により疑問等が解決して調査が必要ないと認められた場合は税理士に対し「現時点では調査に移行しない」旨を原則として書面により通知が行われる。


2 書面添付制度のメリット

①税理士が決算書等を監査・指導をもとに税務申告書を作成するため、信頼性のある、より精度の高い決算書、申告書が作成される。

②書面添付は税理士が税務調査を前提とした事前監査を行うことで、実地調査の省略や調査期間の短縮につながるため、納税者の負担が軽減する。

③税理士が提出する書面添付の申告書は税理士が一定の品質保証しているものなので、銀行や取引先等の第三者の信用を得ることができる。


3 書面添付の記載内容

顧問先の関与度合いにより税理士の作成する計算書類等は異なりますが、当局による税理士に対する「意見聴取」は事後の税務調査の判断要因になるため、記載内容はその範囲、内容とも重要です。

①計算・整理・審査した主な事項について、具体的にどんな書類・帳票等に基づいて検討、確認をおこなったのか
②前年度等と比較して顕著な増減がみられる事項の理由の解明
③会計方針の変更等があった場合の理由とその影響額
④相談に応じた事項について具体的にどう指導または確認を行ったのか
⑤その他


事業継承、相続贈与、新設法人等税に関するご相談がありましたらどうぞ気軽にご来所ください。


map.gif

ひばりヶ丘駅北口の階段を下りたらすぐ右に曲がり、突き当たりを左へ。

そのまま、まっすぐ進むと正面にある正育堂ビルの4階です。

1階は文房具店となっています。

当ビルには、エレベーターもございますので、ご利用下さい。



※なお、ひばりヶ丘駅北口への階段は、非常に急ですので気をつけてください。

【お問い合わせはこちら】

Copyright c 2012― 税理士法人みらい. All Rights Reserved.