代表ごあいさつ

職員紹介

代表ブログ

赤池税理士ブログ

職員ブログ

並河税理士ブログ

事務所ブログ

村山ブログ

よくある質問

使える書式様式

行政書士法人みらい

無料資料請求・お問い合わせフォーム

メールマガジンのお申し込み

うしのひ2009

今年(平成21年)の夏の土用の丑の日は7月19日と7月31日です。

土用の丑の日に鰻を食べる習慣は、諸説ありますが平賀源内が発案した説が一番有名ではないでしょうか。
それによると、商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内の所に相談に行った。源内は、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、物知りとして有名な源内の言うことならということで、その鰻屋は大変繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したという。

鰻にはビタミンB類が豊富に含まれているため、疲労回復や夏バテ防止に効果期待できます。また、蒲焼きを焼くときの匂いは食欲増進の効果があるのではないでしょうか。あの煙だけでご飯が食べられそうです。
今年の夏も例年に比べ気温の高い日が続くそうです。暑い夏に鰻を食べ活力を養う習いは、「粋」な習慣だと思いませんか。

我々も自分へのご褒美もかねて、普段は行かないような鰻屋さんに出かけて見るのも気分転換によいのでは。
顧客紹介でも掲載させて頂いている「渋谷松川」様は、顧問先であるというひいき目を抜きにしてもおいしい鰻を食べさせてくれると思います。昨年の丑の日には、老若男女が3店ある各店舗に長蛇の列を作ったそうです。社長も若い方が多いのには驚いていました。

皆様もちょっと足を伸ばして、是非いつもとは違う世界を味わってみてください。きっと、おいしい笑みがそこにありますから。以上宣伝を終わらせて頂きます。

■【渋谷松川】ホームページへ(おいしいよ!)
unagi.jpg

Copyright c 2012― 税理士法人みらい. All Rights Reserved.